2020年1月17日 東京電力パワーグリッド株式会社 高崎支社長さまより「安全創造プロジェクト指導会 新TBM-KY導入に向けた取組み」が評価され感謝状を頂戴いたしました。

新TBM-KYは、東京電力パワーグリッド株式会社さまが安全活動の切り札として導入を進めている新たな取組であり、当社としても試行実施する中でその有効性が確認できたため、積極的に導入に向けた活動を展開したものです。

<新TBM-KYの概要>

TBMとKYの棲み分け

TBM:①当日の作業工程を確認し、役割分担と作業員の配置を確認する。

②施工計画書や作業手順書などに盛り込んだ安全対策やポイントを確認する。

K Y:作業員全員で当日の作業現場を一巡し、危険要因を洗い出し具体的な行動レベルの安全対策を立てる。

作業当日でないと予見できない危険要因を作業員全員で洗い出すことによって、より具体的な安全対を講じることができる。